デリケートゾーン臭い対策【石鹸VSクリーム】勝つのはどっち?

デリケートゾーンの悩みに効果的な石鹸とは

デリケートゾーンのトラブルの原因とは

デリケートゾーンに悩みやトラブルがあっても、なかなか他人には相談しづらいのではないでしょうか。悩みとして多く挙げられるのは臭いや黒ずみ、かゆみです。これらの原因の多くは、間違ったケアの仕方であることが多いです。デリケートゾーンの環境は常在菌によって正常に保たれるようになっています。しかし、生理やストレスなどによってにおいが気になったり、おりものが出てきたりします。この時に気になるからといって、洗い過ぎてしまうと環境を保つための常在菌も一緒に洗い流してしまい、かえってにおいがきつくなったり、黒ずみが強くなったりします。トラブルにならないためには、デリケートゾーンの悩みに効果的な成分が含まれている石鹸で、正しいケアを行う必要があります。

デリケートゾーンに効果のある石鹸とは

デリケートゾーンは酸性ですが、多くの石鹸はアルカリ性です。アルカリ性の石鹸を使用すると肌へ強い負担がかかってしまい、においや黒ずみが悪化する原因にもなります。デリケートゾーン用の石鹸は皮膚と同じ弱酸性のため、あまり負担をかけずに洗うことができます。また、しみたり乾燥したりすることも防げます。
においやかゆみに悩まされているならば、においの原因菌だけを殺菌できるミョウバンやアロエの成分が含まれている石鹸が効果的です。炎症を抑える効果によってかゆみの軽減も期待できます。これらは生理中のにおいやかゆみを抑える効果も期待できます。においを解消するのではなく、香料によってごまかすという商品もあるため、成分にはよく気をつけましょう。
黒ずみの原因であるメラニン色素を抑制する効果が期待できる成分は、天草エキスやカミツレエキスです。黒ずみの解消には時間がかかるため、すぐに効果が出てくることはありませんが、継続して使い続けることによって黒ずみの悪化を防ぐことができます。
デリケートゾーンのケアに適した石鹸として、ジャムウ石鹸が挙げられます。ジャムウとはインドネシアに古くから伝わる民間伝承薬のことで、さまざまなハーブや植物の根や実で作られた天然由来の薬です。このジャムウを使用した石鹸は、デリケートゾーンの悩みに非常に効果的として人気があります。ジャムウは商品によって有効な成分の配合が異なるため、悩みに効果が期待できるものを選びましょう。

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは力を入れて洗ってはいけません。皮膚が薄くてダメージを受けやすいので、必要最低限の力で洗わないと悩みが解消しなかったり、かえって悪化してしまったりすることがあります。石鹸をよく泡立てて、デリケートゾーンつつみこむようにして3~5分ほど置きます。その後、弱めのシャワーで十分に泡を洗い流します。この時に、自浄作用のある膣の内部は洗わないように気をつけましょう。洗浄した後は肌のバリア機能が低下するため、よく保湿をしましょう。

デリケートゾーンのかゆみ防止は適切な石鹸選びと洗い方が重要

デリケートゾーンのかゆみはなぜ起こるの?

デリケートゾーンの悩みはさまざまなものがあると思いますが、そのなかのひとつとしてかゆみが挙げられます。かゆみはなぜ起こるのでしょうか。代表的な原因はカンジタ菌です。カンジタ菌は性交渉によって感染するイメージをもっている人がいますが、性交渉がなくても発症する確率のほうが高いのです。実はこのカンジタ菌、常在菌として常にカラダにいる菌なのです。病気やストレス、疲れなどによって免疫力が下がってしまうと、それに伴って膣がもともと持っている菌への抵抗力もさがり、カンジタ症を発症してしまいます。性交渉で移るケースは、カンジタ症を発症しているときに性交渉をおこなうと相手にも感染してしまうことがありますが、男性の場合はハッキリとした症状がみられることは少なく、知らずに別の女性と性交渉をすることにより感染することがあるとされています。女性は症状がハッキリとみられ、チーズ状の白いおりものが目立つようになり、かゆみを伴います。こまめに洗えば防げるものかといえばそうでもなく、洗いすぎてしまうと膣内のバリアが剥がれてしまい、逆に感染しやすくなる可能性もあります。そのため、デリケートゾーンを洗うことに重点をおいた石鹸を選ぶべきなのです。デリケートゾーンを意識した石鹸は、膣に必要以上の刺激を与えないよう配慮されています。

デリケートゾーンのかゆみを抑えるには適切な石鹸を選ぶことが必要

かゆみを抑えることを考えて石鹸を探している場合は、成分に気をつけて選ぶことが必要です。膣内は酸性に保たれていて、酸性の状態であれば菌の侵入を防ぐことができます。デリケートゾーンが汚れる代表的な原因として尿とおりものが挙げられますが、尿とおりものはアルカリ性です。そのため、膣内を酸性に保つことによりアルカリと酸が反応し中和され、菌の繁殖を防いでいます。しかし、石鹸の種類によってはアルカリ性のものがあり、そういったものを使うと尿やおりものの汚れを落とすことができず、カンジタ菌をはじめとした雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。このようなことから、デリケートゾーン用の石鹸は弱酸性のものが多く出回っています。そして、ジャムウと呼ばれるインドネシアに古来より伝わる植物を配合して薬として使われていたものが多くのデリケートゾーン用石鹸に含まれています。ジャムウはニオイを抑える効果があるとされています。そして、デリケートゾーンが荒れやすいという人は、低刺激タイプの石鹸かどうかも考える必要があります。かゆみを抑える目的で石鹸を選ぶ場合は成分をよくみて選びましょう。

デリケートゾーンの洗い方にも注意

洗い方にも注意が必要です。内部まで洗っている人もいるようですが、外側だけ洗えば十分とされています。膣内はもともと酸性に保たれていて、雑菌を防ぐ仕組みとなっているので内部まで洗う必要はありません。内部をゴシゴシこすってしまうと荒れてしまい、雑菌が繁殖する恐れがあります。石鹸は固形と泡、液体タイプに分けられます。泡タイプはそのまま使用すれば問題ありませんが、液体タイプと固形タイプは手にとってからよく泡立てて使います。そして、デリケートゾーンに泡をつけて、数分ほど時間をおいてから流しましょう。デリケートゾーンといわれるぐらいなので、やはり繊細な部分です。石鹸選びと洗い方は特に重要です。

デリケートゾーンのケアによって病気や臭いが発生することがある

デリケートゾーンからどんな臭いがしたら病気だとわかるの?

デリケートゾーンというのは本来臭いがしない部位なのですが、ときどき臭いがすることがあります。では、どのように臭いがしたらデリケートゾーンが病気だとわかるのでしょうか。例えば、まるでチーズのような臭いがしたらカンジダ膣炎になっている可能性があります。カンジダ膣炎になるとおりものの量が増えていたりかゆみが伴ったりします。また、デリケートゾーンから悪臭が漂ってきたり下腹部が痛んできたりしたら、クラミジアになっている可能性があります。クラミジアになると水っぽいおりものになってしまうので、そのようなときには真っ先にクリニックに通うようにしてください。基本的に、臭いがすると病気になっている可能性があるのですが、ただ臭いがするからといって必ずしも病気になっているとは限りません。単純にデリケートゾーンのケアが不足しているために臭いが発生している可能性も否定できません。ただ、おりものの量が明らかに増えてきたのであれば、病気になっている可能性があるので、判別が難しいのであればおりものの量が状態がどのようになっているのかをきちんと調べるといいでしょう。どうしてもわからないのであれば、産婦人科に通ってみるといいでしょう。

病気以外でデリケートゾーンから臭いが発生する原因とは?

実際にデリケートゾーンから臭いが発生するときには、病気の他には何が原因になっていることが考えられるのでしょうか。例えば、ストレスによるホルモンバラモスが崩れてしまうことでも臭いが発生することがります。女性の場合は特にストレスによって体調が変わりやすいので、ストレスによって口内炎やニキビが出るのと同じように臭いも発生してしまいやすくなります。また、ストレスによって生理不順になってしまいますし、そうなるとおりものの周期も変化してしまいます。おりものの周期が変化してしまうと、実はいつもなら正常に分泌できるはずのおりものが、正常に分泌できなくなってしまいますので膣内に雑菌が入り込んでしまうことがあります。すると、膣が炎症してしまうので、生理不順になっている女性は産婦人科に通ってみてください。デリケートゾーンから臭いが発生すると、どうしても病気を疑いたくなりますが実はストレスが溜まっていることでも臭いが発生してしまいますので、普段からストレスを溜めないようにしましょう。そのためには、ストレス解消に努めたり睡眠をたっぷり取ったりするようにしましょう。また、食生活をバランス良く取ることも大事なことです。

デリケートゾーンの洗い方で臭いや病気になることがある

デリケートゾーンを洗うときには、きちんとした洗い方をすることが大事なのですが、膣内洗浄することがとても大事なことです。表面を洗うことは大事なのですが、膣内までしっかりと綺麗にすることで臭いや病気を予防することができます。しかし、過度に洗浄してしまったり、石鹸などを使って無理に洗浄してしまったりするとデリケートゾーンを守っている常在菌まで無くなってしまうので病気や臭いの原因になってしまいます。しかし、実際にデリケートゾーンは表面だけでなく膣内までしっかりと洗わないといけないのえ、ではどうすればいいのかですが、お勧めとしてはインクリアを使用することです。インクリアを使用すれば通常のビデなどの膣内洗浄器よりもずっと安全に使用することができます。インクリアは産婦人科と共同開発されているので、非常に安全に使用することができあす。また、タンポンを使ったことがあるなら使い方も簡単なのでお勧めです。他にもセペなどがありますので、まずはどのような膣内洗浄器を使用してケアするのかを考えるといいでしょう。

イカ臭いデリケートゾーンの原因を知って改善してみよう

デリケートゾーンがイカ臭いのはどのようなことが原因なのか?

デリケートゾーンがイカ臭いと感じたことはありませんか。実はデリケートゾーンは通常であれば無臭なのですが、あるときにはイカ臭いと感じることがあります。イカ臭いというのは、生臭いような臭いのことなのですが、そもそもなぜイカ臭くなってしまうのでしょうか。一つは生理周期が関係してきます。生理周期というのは女性にとっては毎月あることなのですが、生理のときにはおりものが発生してきます。おりものは膣内の分泌物などですが、膣内を守るためには非常に有効な物になります。しかし、生理中というのは経血があるので、おりものと経血が混じってしまうと途端に生臭くなってしまいイカ臭い臭いが充満するようになります。したがって、生理中はおりものを適切に処理することが大事になります。おりものをケアするためには、おりものシートを使うことが大事です。おりものシートを使用するときには、やはり通気性のいい物を使用する方がいいでしょう。デリケートゾーンというのは、非常に蒸れやすい部位なので、トラブルが起きやすくなります。また、デリケートゾーンには常在菌がいるのですが、蒸れてしまうとどうしても常在菌が増えてしまうので臭いもきつくなります。

恥垢によってデリケートゾーンがイカ臭いと感じることがある

また、恥垢が溜まってしまうとデリケートゾーンがイカ臭いと感じることがあります。恥垢というのは、デリケートゾーンの汚れになります。恥垢が付着してしまうと、悪玉菌がそれを分解しやがてイカ臭い臭いになります。また、恥垢というのは垢だけでなく、例えば愛液が乾燥してしまうことでも発生してしまいます。したがって、正しく洗わないとデリケートゾーンから臭いが発生してしまいますので、きちんと膣のくぼみを洗うようにすることが大事です。実はデリケートゾーンは複雑な構造をしているのですが、中でもくぼみの部位には汚れが溜まりやすくなってしまうので、必然的にイカ臭い臭いになってしまいます。したがって、きちんと洗う必要があるのですが、ただシャワーだけであったり手洗いだけであったりすると恥垢が上手く取れないので専用のソープを使うことが大事です。なぜなら、専用のソープを使うことによって、きちんと汚れだけを落とすことができるからです。実は通常の石鹸を使っても、あまり恥垢を落とすことができません。デリケートゾーンをケアするためには、デリケートゾーン用のアイテムを使用することが大事です。

イカ臭いデリケートゾーンをケアするための商品とは?

では、イカ臭いデリケートゾーンをケアするためにはどうすればいいのかといいますと、アンボーテ・フェミニーナウオッシュを使うことがお勧めです。アンボーテ・フェミニーナウオッシュというのは、日本初のオーガニック系の美容液なのですが、ヨーロッパではダントツに売れている商品なのですが、日本でも多くの女性が使用しているので、販売実績がたくさんあります。また、アンボーテというのは、一般の石鹸とは違って天然の美白成分が入っているので、黒ずみをしっかりと改善できます。さらに、かゆみも改善できるのでデリケートゾーンが痒くなることもありません。つまり、外部の刺激が与えられることが無くなります。さらに、使い続けることでイカ臭い臭いを無くすことができます。また、皮膚環境を良くするためのローズヒップオイルやキイチゴなどが入っていますし、さらに洗浄成分としてセージが入っているので、使い続けることでデリケートゾーンの環境を正常な状態に近づけることができます。臭いを改善するためには非常にお勧めなので使用してみるといいでしょう。