デリケートゾーン臭い対策【石鹸VSクリーム】勝つのはどっち?

デリケートゾーンのかゆみ防止は適切な石鹸選びと洗い方が重要

デリケートゾーンのかゆみはなぜ起こるの?

デリケートゾーンの悩みはさまざまなものがあると思いますが、そのなかのひとつとしてかゆみが挙げられます。かゆみはなぜ起こるのでしょうか。代表的な原因はカンジタ菌です。カンジタ菌は性交渉によって感染するイメージをもっている人がいますが、性交渉がなくても発症する確率のほうが高いのです。実はこのカンジタ菌、常在菌として常にカラダにいる菌なのです。病気やストレス、疲れなどによって免疫力が下がってしまうと、それに伴って膣がもともと持っている菌への抵抗力もさがり、カンジタ症を発症してしまいます。性交渉で移るケースは、カンジタ症を発症しているときに性交渉をおこなうと相手にも感染してしまうことがありますが、男性の場合はハッキリとした症状がみられることは少なく、知らずに別の女性と性交渉をすることにより感染することがあるとされています。女性は症状がハッキリとみられ、チーズ状の白いおりものが目立つようになり、かゆみを伴います。こまめに洗えば防げるものかといえばそうでもなく、洗いすぎてしまうと膣内のバリアが剥がれてしまい、逆に感染しやすくなる可能性もあります。そのため、デリケートゾーンを洗うことに重点をおいた石鹸を選ぶべきなのです。デリケートゾーンを意識した石鹸は、膣に必要以上の刺激を与えないよう配慮されています。

デリケートゾーンのかゆみを抑えるには適切な石鹸を選ぶことが必要

かゆみを抑えることを考えて石鹸を探している場合は、成分に気をつけて選ぶことが必要です。膣内は酸性に保たれていて、酸性の状態であれば菌の侵入を防ぐことができます。デリケートゾーンが汚れる代表的な原因として尿とおりものが挙げられますが、尿とおりものはアルカリ性です。そのため、膣内を酸性に保つことによりアルカリと酸が反応し中和され、菌の繁殖を防いでいます。しかし、石鹸の種類によってはアルカリ性のものがあり、そういったものを使うと尿やおりものの汚れを落とすことができず、カンジタ菌をはじめとした雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。このようなことから、デリケートゾーン用の石鹸は弱酸性のものが多く出回っています。そして、ジャムウと呼ばれるインドネシアに古来より伝わる植物を配合して薬として使われていたものが多くのデリケートゾーン用石鹸に含まれています。ジャムウはニオイを抑える効果があるとされています。そして、デリケートゾーンが荒れやすいという人は、低刺激タイプの石鹸かどうかも考える必要があります。かゆみを抑える目的で石鹸を選ぶ場合は成分をよくみて選びましょう。

デリケートゾーンの洗い方にも注意

洗い方にも注意が必要です。内部まで洗っている人もいるようですが、外側だけ洗えば十分とされています。膣内はもともと酸性に保たれていて、雑菌を防ぐ仕組みとなっているので内部まで洗う必要はありません。内部をゴシゴシこすってしまうと荒れてしまい、雑菌が繁殖する恐れがあります。石鹸は固形と泡、液体タイプに分けられます。泡タイプはそのまま使用すれば問題ありませんが、液体タイプと固形タイプは手にとってからよく泡立てて使います。そして、デリケートゾーンに泡をつけて、数分ほど時間をおいてから流しましょう。デリケートゾーンといわれるぐらいなので、やはり繊細な部分です。石鹸選びと洗い方は特に重要です。